29-1

秋の味覚は美味しくて、つい食べ過ぎてしまいます。

その中でも美味しいのが、舞茸!

今は、栽培物がありますから、一年中手に入りますが、やはり旬は秋。

これを天ぷらにするとおいしいのですが…お店で食べるように、さくさくに揚げるの、難しいです。

そこで、舞茸の天ぷらをサクサクにするコツを、調べてみました!

天ぷらを揚げる日の前日にやっておきたいこと!

天ぷらをサクサクにするには、衣が良く冷えていることが大切なのです。

それで、衣に使う材料、小麦粉、水、できたら材料を入れるボールも、すべて冷蔵庫で冷やしておきましょう。

8~10時間くらい入れておくと、しっかり冷えると思います。

これは、天ぷらを揚げる日の朝、もしくは前日にはやっておきましょう。

 

スポンサードリンク

冷めてもさくさくの天ぷらの衣の作り方

29-2

舞茸2パックの衣の分量です。

  • 小麦粉 100g
  • 冷水 1カップ
  • ベーキングパウダー(コーンスターチでも) 小さじ1
  • 酢 小さじ1

水と酢を混ぜ、ふるいにかけた薄力粉、コーンスターチを入れます。

ここで、薄力粉の混ぜ方がポイント!

混ぜすぎるとグルテンが出てしまうので、さっくりと混ぜます。

混ぜる時の菜箸を、4本、6本にして手早く混ぜましょう。

舞茸に小麦粉(分量外)を薄くまぶしましょう。

これで、舞茸の水気がとれます。

 

舞茸の天ぷら―上手な揚げ方のコツは、油の種類、油の温度!

天ぷらを揚げる時の油って何を使っていますか?

サクサク天ぷらに向いている油は、白ゴマ油。

でも、これだけで天ぷらを作る、となると量が必要となり、高くなってしまいます。

そこで、キャノーラ油をベースにごま油を混ぜて使うと、香りも楽しめてお勧めです。

混ぜる割合は、8:2です。

また、天ぷらを揚げる時、大変なのが温度管理。

舞茸は火の通りやすい食材ですので、最適な油の温度は180℃です。

簡単に油の温度を確認する方法は、衣を油に垂らして、なべ底に触れずに浮かび上がってきたら180℃です。

舞茸に衣をつけたら揚げ油に入れますが、この時一度に沢山入れ過ぎないように気を付けましょう。

揚げ時間は3、4分程度、予熱で十分火が通ります。

油から上げたら、クッキングシートを厚めに敷いた上に1つずつのせ、良く油切をします。

お皿に盛り付ける時も、下に和紙など敷いておくと、食べ終わりまでサクッとしますよ!

 

お店で食べるような、サクサクの舞茸の天ぷらを揚げるコツ!

衣の材料を良く冷蔵庫で冷やしておきましょう。

衣を作る時は、手早く!菜箸を何本も使って、さっくり混ぜましょう。

揚げ油にオススメなのは、キャノーラ油トごま油のブレンド、揚げ油の温度は180℃が最適です。